MENU

スカルプDは医薬部外品だけど育毛効果があるわけではない!

スカルプDは医薬部外品だけど育毛効果があるわけではない!

 

“薬用”と聞けば、『なんか効果がありそうだな』と思う人が多いと思いますが、実は“薬用”とついているからと言って育毛効果があるわけではありません。これは医薬部外品として認定されたスカルプシャンプーすべてに“薬用”という言葉を付けることが出来るのです。

 

つまり、薬用とは医薬部外品であることを意味するのであって、育毛効果があることを意味するわけではなかったのです。

 

“薬用”や医薬部外品は効果があることを意味していない

スカルプシャンプーは厚生労働省で“化粧品”という名目に分類されるのですが、その化粧品の中に国が効果を認めた成分を配合していると薬事法に基づいて3つのランクに分類されることになります。

 

その3つのランクが化粧品・医薬部外品・医薬品です。

 

医薬品は病気や疾患などの治療を目的として使用するもので厚生労働省から薬としての効果が認められた成分を配合しているもののことを言います。因みに、日本で育毛関連の商品として医薬品に該当するアイテムは少なく、有名な商品で言うと大正製薬から販売されているリアップX5という育毛剤が医薬品に該当しますがそれ以外はほとんどが医薬部外品か化粧品に該当します。

 

次に化粧品についてですが、化粧品は髪や頭皮を清潔に保つことを目的として使用され、『治療や改善』といった効果は認められていません。化粧品であるにも関わらず、治療や改善などの効果があるということを明記した場合には薬事法違反になってしまいます。

 

最後に医薬部外品についてですが、医薬部外品は医薬品と化粧品の丁度間に位置します。医薬部外品は予防改善を目的として使用し、効果に関しては人体に緩やかな効果が期待できると厚生労働省が認可した成分が配合されています。また、配合される成分だけではなく生産する工場に関しても医薬部外品を製造できる設備が整っているかどうかを審査されます。

 

医薬部外品は薬事法により商品のパッケージに『医薬部外品』と明記する義務があるので、医薬部外品に該当する承認には必ず明示されています。又、医薬部外品も化粧品と同じく効果についての表現方法に制限があり、あくまでも人体にたいして緩やかな効果しかないので『髪が生える!』などと宣伝すると薬事法違反になります。

 

そもそもスカルプケアシャンプーで髪は生えない

いろいろなスカルプシャンプーを確認してもらえればわかることなのですが、多くのスカルプシャンプーに“薬用”や“医薬部外品”というように記載がされています。しかし、これらは髪が生えるというわけではなく、あくまでも緩やかな効果を期待できる成分が配合されているというレベルです。

 

だから、“薬用”とか“医薬部外品”などの『薬』という漢字が使われているからと言って、決して育毛効果があるわけではありません。

 

そもそも、シャンプーの使用目的は髪や頭皮を清潔に保つことを目的として使用するものであり、育毛効果は目的として含まれていません。少し考えてもらえれば理解してもらえると思うのですが、仮にシャンプーに育毛成分が含まれていたとしても結局は洗い流すので頭皮に浸透することはありません。

 

実際に、私はスカルプDを長い間使用しましたが髪の毛が生えてきたり薄毛が改善したと実感したことは今までに一度もありませんでした。それは、今振り返ってみるとスカルプDには育毛効果は一切ないことを考えると納得できる結果だったと思います。なので、もしあなたもスカルプDは“薬用”だからとか“医薬部外品”だからという理由で購入を考えているのであれば止めた方がいいですね。

 

 

因みにスカルプDに配合されている有効成分はたったの3種類だけなのですが、その3種類すべてが育毛とはほとんど関係のない成分が配合されているという事をあなたはしっていますか?