MENU

頭皮環境を整えることで本当に薄毛は改善できるのか?

スカルプDは「頭皮に合わせたシャンプーを選び頭皮環境を整える」ということをコンセプトにしています。そうすることで男性の薄毛に立ち向かうことが目的のようです。しかし、頭皮環境を整えることで本当に薄毛が改善するのか正直言って疑問です。

 

例えば、ふけが大量に出ていたり頭皮が脂ぎっしゅな人でも髪の毛がフサフサな人もいるわけで、アフリカなどに住んでいる人はシャンプーをしていないですが髪の毛がフサフサな人はたくさんいます。そのことから考えてみてもシャンプーで頭皮環境を改善することと薄毛にはあまり因果関係がないのではないかと感じました。

 

男性型脱毛症の原因は頭皮環境ではなく男性ホルモンが原因

男性型脱毛症(いわゆる薄毛)について調べてみると、原因として一番有力なのが男性ホルモンです。実はこの薄毛の原因はスカルプDを販売するアンファーの公式サイトでもしっかりと記載されています。

 

男性ホルモンの一種にテストステロンというのものがるのですが、そのテストステロンと5αリゼクターゼという酵素が結びつくことでジヒドロテストステロンという悪玉男性ホルモンに変異してしまいます。そして、この悪玉男性ホルモンが毛母細胞の活動を低下させることで髪の毛の成長が止まってしまい、最終的には抜けてしまいます。

 

つまり、スカルプDを使用して頭皮環境を整えたところで悪玉男性ホルモンが減るわけではないので、薄毛が改善するということは言えないと思います。

 

悪玉男性ホルモンの生成を抑制する成分がスカルプDに配合されている?

頭皮環境を整えることがコンセプトのスカルプDですが、実は薄毛の原因である男性ホルモンを抑制する働きがある成分が配合されています。それが豆乳発酵液です。アンファーの研究によると豆乳発酵液には頭皮内にある男性ホルモンが悪玉に変換させることを抑制する働きがあるらしいのです。

 

悪玉男性ホルモンの生成を抑制する成分が配合されているのであればやはりスカルプDを使うと薄毛が改善するのでは?と思うもしれませんが私はそうは思いません。なぜなら、仮にスカルプDに悪玉男性ホルモンの生成を抑制する成分が配合されていたとしても、結局は最終的に洗い流してしまうからです。

 

シャンプーの時間はどれだけ長くても5〜10分ぐらいの人がほとんどだと思います。しかし、これはあくまでもすすぎの時間を含めてなので、実際にシャンプーの成分が頭皮に付着している時間は3〜5分ぐらいではないでしょうか?その間に、スカルプDに配合されている豆乳発酵液が頭皮に浸透するとは思えません。なにより、シャンプーは洗い残しが一番ダメなのですすぎをしっかりと行う必要があります。そうなると、どれだけ良い成分がスカルプDに配合されていたとしても最終的にはすべて洗い流されるというわけです。

 

洗い流す前提なのになぜ男性ホルモン抑制成分を配合しているのか?

アンファーは豆乳発酵液がシャンプーで洗い流されることなんて百も承知なのになぜそのような成分をわざわざ配合されているのか?これはおそらくネットの普及によって薄毛の原因に関する多くの人の知識が向上してきたことが考えられます。

 

数年前までは多くの人はスマホではなく、ガラケーを使っていたので何か調べたいことがあれば携帯ではなくPCの電源をわざわざ入れて調べる必要がありました。しかし、今は調べたいことがスマホでほんの数秒で調べることが出来るぐらいネットが身近になりました。

 

ネットに疎いである40〜60代の年代はまさしく薄毛に悩む世代と合致しており、今までは薄毛の原因について調べる機会はかなり少なかったと思います。しかし、スマフォによりネットが身近な存在になったことでネットに疎かった40〜60代の人も気軽に薄毛について調べることが出来るようになったのです。そうすることで薄毛に悩んでいる世代の人たちが薄毛の本当の原因を知り始めたと思われます。

 

これまでスカルプDは有名芸能人を起用してテレビCMをバンバン流して『宮迫さんがスカルプDで薄毛が改善のか。それなら自分も使ってみようかな?』というイメージ戦略だけで今の地位に上り詰めたのですが、本当の薄毛の原因を知った人からすると根拠のないイメージだけではスカルプDを購入しようと思う人の絶対数が減ってしまったのだと思います。

 

だからこそ、洗い流されてしま事は分かっていても男性ホルモンを抑制する成分を配合することでイメージだけではなく根拠があるかのように消費者に思ってもらえるからだと考察します。勿論、頭皮が不潔であれば薄毛なりやすくなるかもしれないのでスカルプDをすべて否定しているわけではありません。ただ、育毛効果という点では洗い流してしまうシャンプーよりも成分を洗い流さない育毛剤の方が理論的に効果が高いのは歴然だと個人的には思います。